刹那の華

男性介護士が看護師になろうとして辛かったり楽しかった思い出を書こうと思う

自己紹介(介護士スタート)

介護の仕事をはじめる前にヘルパー2級の講習を行って覚えたことが全部だった。要領の悪い俺は掃除くらいしか記憶がなかった。


初出勤日は忘れもしない12月24日のクリスマスイブだった。


看護師長に職場案内をされた。

きっと俺がキョロキョロしすぎてて不安になったんだと思う。こいつわかってるのか?みたいなモンだと思う。

「ここがどういう場所かわかるかしら?」


失言なんて今まで何回したのかわからないけど、これほど今後の人生に関わる失言はこの時くらいだった。
「実は全然よくわかってないです」


後で知ったんだけど男嫌いだったんだよね師長。さらに言うと気に入らない人間は態度にはっきり出す人だったんだよね。その評価が覆ることはないと確信したのはそれから1年か2年たった頃かな。


「あなた働く場所がどういう所かわかってないのに働こうと思うの?信じられないわ」



自分が恥ずかしくて辞めるって普通の人ならいいそうな感じもする。郵便局では軽んじられてたからハァスイマセン程度の鈍感さだった。


この鈍感さとストレスに対する打たれ強さが根性(笑)という俺の唯一の武器だった。

けど、この社会不適合者みたいな武器がなければ俺は准看護学校に行くずっと手前で自分を見失ってただろう。


こうして職場のトップに嫌われ、仕事できないと陰で言われ目の前でハッキリ言われ女性に関わったことなかった俺が女の職場でサンドバック状態で


介護士のスタートラインを切る

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。